脊椎圧迫骨折の基礎知識

腰部脊柱管狭窄症の基礎知識

せぼねの構造
せぼね(脊椎)は、頭から腰までつながる24個の小さな骨(脊椎)で構成されています。骨と骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨が挟まっていて、衝撃をやわらげるクッションの役割をしています。

背骨の構造

腰部脊柱管狭窄症とは?

加齢と共に椎体や椎間板、靭帯などが変形すると、脊柱管が狭くなり、中を通っている神経の束を圧迫します。

この病気を「腰部脊柱管狭窄症」と言います。

正常な脊柱
正常な脊柱

腰部脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状腰部脊柱管狭窄症になると、腰やお尻、足にかけて、痛みやしびれが出たり、
「間欠性跛行」と呼ばれる症状があらわれます。

 

間欠性跛行とは?

ある程度の距離を歩いていると、腰や足がしびれたり、痛みで動けなくなるが、イスに座ったり、前屈みで少し休むと症状が軽くなり、また歩けるようになる。この症状を「間欠性跛行」と言います。

間欠性跛行の症状が進むと歩くことが出来る距離が短くなり、日常生活が困難になっていきます。

脊柱管狭窄症の治療に関する詳しい情報は、「脊柱管狭窄症の従来からの治療法」及び「脊柱管狭窄症の新しい治療法」のページをご覧ください。

歩き始めは問題ない
間欠性跛行とは
イスに座ったり、前屈みの姿勢をとると楽になり、また歩くことが出来るようになる   しばらく歩くと、足腰にしびれや痛みを感じて、歩くのがつらくなる

 

ページの先頭へ